パソコン - (jisakumc blog)

パソコンやスマホ、その他興味のある事を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

順当進化!「Intel SSD 730」発売

「Intel SSD 730」は耐久性を維持しつつどこまで高速化した? ASCII.jp

Intel Solid-State Drive 730 4Gamer.net

純正コントローラ採用のコンシューマ向けSSD、Intel「SSD 730」シリーズが早くもアキバに登場 エルミタージュ秋葉原

「Intel SSD 530」の後継機種で、「SSD DC S3500」「SSD DC S3700」など、

エンタープライズ向けに採用されてたのと同じ「PC29AS21CA0」コントローラを搭載しています。

NAND型フラッシュメモリも「SSD DC S3500」と同じ20nmプロセス技術を採用している所から、

これをベースに一般向けのチューニングを施したものになっています。

スペックは

ついに日本上陸か?Google「Chromebook」ってなに?

ChromeOSが来るぞーッ! 東芝のChromebook、4月から国内開始の噂。 ギズモード

「Chrome OS」で従来の「Windows」アプリが動作可能に--グーグルとVMwareが提携 CNET Japan

Googleが開発する「Chrome OS」を搭載したノートパソコンの事で、Webサービスの利用をメインにしたものです。

データの保存もハードディスクにはせずに、「Google Drive」というオンラインファイルストレージにすることで、

パソコンが故障しても、データを失うことなく、新しい「Chromebook」で簡単に復元できる。

Webアプリを使う事で、余計なソフトを入れずに、起動も素早くなる。

と、あくまでもネットに繋ぐツールとして使う事を考えて作られたものです。

ペンが受話器に?Bluetoothヘッドセット「LBT-PHS02MPSV」

通常はタッチペン、着信時には通話もできるペン型Bluetoothヘッドセット マイナビニュース

かかってくればサッと受話器に早代わり。というちょっと変わったヘッドセットが発売されます。

タッチペンの中にスピーカー、マイクが内蔵されており、ペンを耳に近づけるだけで通話か出来ます。

ハンズフリー通話が可能ということは、耳の上にひっ掛けてもしゃべれるという事なんでしょうか。

写真では持ってますけど。

4Kディスプレイがいきなり7万円切り!デル「P2815Q」発売

デル、7万円切りの28型“4K”ディスプレイ「P2815Q」発売 ITmedia

一気に下げてきましたね。6万9980円ですよ。この前10万円切りの出したと思ったら。

これは確かに弾みが着きそう。「4K」の。

「P2815Q」は28型ワイド液晶で、デルのミドルレンジの「プロフェッショナル」シリーズに位置づけられる。

TN液晶でリフレッシュレートは30Hzとスペックを抑える事で、上位機種の「UP3214Q」や「UP2414Q」と区別。

ついに最大容量更新!東芝の5TB HDD「MD04ACA500」

2万円台で購入可能な、東芝の5TB HDDが2製品同時発売 ASCII

以前にもここで書きましたが、発売されましたね。停滞気味だったHDD容量を更新した製品が。

高耐久な「MG04ACA500」と一般向けの「MD04ACA500」の2種類で、ヘリウムガス充填型ではHGSTからも「Ultrastar He6」の6TBが発売されていますが、従来どおりの方法では最大容量となります。

転送速度も最大205MB/秒と約24%高速化高速化し、電力効率も約20%向上しています。

なにより値段が29800と初モノとしては思ってたよりも高くはないです。3TBが一万円ちょっとですから普及価格帯になるにはまだ時間も掛かるでしょうが。



スマートフォンユーザーはケーブル1本でお手軽に!モバイルプロジェクター「PRJ-5」

MHLアダプタ内蔵だからケーブル1本でOK。サンワサプライ、スマホ向けモバイルプロジェクター「PRJ-5」 エルミタージュ秋葉原

光学エンジンは、TI社製のDLPを採用し、最高輝度85ルーメンでモバイルプロジェクターとしては最高レベルの画面を表示でき、解像度は854×480でスクリーンサイズ は10~60インチです。

本体にMHLアダプタを内蔵しているので、使っているスマートフォンがMHL対応であればケーブル1本で接続できるお手軽さ。

知ってる人も多々いると思いますが、「MHL」とは

玄人志向 変換基板「M.2-PCIe」、「KRHK-M.2/S」発売

玄人志向、M.2(Type.M)規格SSDをPCIe×4に変換する基板など2種 エルミタージュ秋葉原

玄人志向が新しく2種類の変換基板を発売します。

「M.2-PCIe」は、M.2(Type.M)のSSDをPCI-Express(x4)に変換します。

「KRHK-M.2/S」は、SATA機器をM.2コネクタに変換します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。