スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


関連記事

    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    トランプ大統領で日米関係が大きく変わる、日本もついに自国防衛・核保有へ

    現在共和党候補予備選中のトランプ氏が自身が大統領に就任した際には日本の核保有を認める可能性を示唆しました。

    トランプ大統領の誕生で、日本も大きな方針転換を迎えることにもなり、自国防衛について改めて考えを深める必要があると。

    日本の核保有を容認


    「米国は世界の警察官はできない。米国が国力衰退の道を進めば、日韓の核兵器の保有はあり得る」
    トランプ氏、日本の核兵器保有を容認 米紙に語る :日本経済新聞

    大統領に就任した場合、日本と韓国の核保有を排除しない考えを示しました。

    「北朝鮮に対する抑止として、アメリカの「核の傘」に依存するのではなく、自国で防衛するようにさせる」という趣旨の発言で、今までのアメリカ政府の方針とは正反対の発言。

    また在日米軍についても言及し、撤退の可能性について触れたことで日本政府は懸念を強めています。

    日本や韓国に米軍基地を置くことが米国にとって利益となるかどうか考えると「個人的にはそうは思わない」との理由。

    米軍基地の負担が大きいので、在日米軍に対する負担金は日本側が全部支払うべきだとも主張しています。

    在日米軍の撤退、日米安保条約の見直し、そして日本と韓国の核保有を容認と国家防衛に対して大幅な転換を示唆した事で、日本も近い将来、完全な自国防衛に向けて決断しなければならないときが来る可能性も。

    トランプ氏は過激な発言を売りにしているので、実際大統領になったとしてどこまで実現するのかは定かではありませんが、ある程度の覚悟はした方が良さそうだと。

    アメリカでは反トランプ運動も盛り上がっていますが、根強い支持があるのも事実。

    着実に支持を広げ、現在行われている共和党候補予備選でも安定した勝利を収めており、大統領候補に指名されることが現実味を帯びてきています。

    トランプ氏の大統領としての資質については、支持者からも疑問の声がちらほら挙がっているものの、それ以上に期待が大きくこのまま突き進む可能性が高いと。

    実際にトランプ大統領が誕生すれば、日米関係も大きな転換を迎えることに。ただ自国防衛は日本政府も目標にしているので、案外馬が合ってうまくやっていけるのかも。

    楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
    Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

    月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


    関連記事

    [ 2016/04/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。