スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


関連記事

    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    地方のお年寄りには特に朗報、早ければ2017年からスーパー・コンビニなどのレジで預金が引き出せるように

    近くにATMのない地方在住の人にはありがたいサービスになりそうです。わざわざ離れた場所まで足を運ばなくても、近くのスーパーやコンビニで手軽に現金を引き出せるようになるかも。


    金融庁がコンビニなどのレジで預金を引き出せるサービスを今年中にも解禁する方針を固めた
    レジで預金引き出し解禁へ - 金融庁方針、スーパーで | マイナビニュース

    現金決済できるデビットカードをレジの端末に挿入。暗証番号と引き出し額を入力すると必要な現金が引き出せるようになります。

    デビットカードとは
    クレジットカードと違い買い物の支払いの際使うと、口座から即座に代金が引き落とされるもの。口座の預金の範囲内しか使えないため、使いすぎに陥ることなくお金の管理には役立つとも。

    手数料は店側の負担で無料になるため、レジを無料のATMとして利用できるようになるのが大きな利点。みずほグループは2017年中の導入を目指してるんだそう。

    ATMの少ない地方のことを考え、利便性を向上させるのが狙い。

    ATMのように設置場所や時間帯を気にする必要がなくなり、預金引き出しが大幅に簡単になる事は間違いないと。

    スーパー・コンビニ以外にも宅配業者でも活用を検討中。

    宅配業者が端末を持ち歩けば、着払い荷物の受け渡し時にその場で預金を引き出すことも可能になり、預金を引き出すためだけに離れた場所まで足を運ぶ必要がある地方の高齢者らにとっては大きな助けに。

    利用者にとってはいいところだらけのサービスですが、問題はデビットカード払いのかなり低い利用率。

    世界ではデビットカードの利用率は十分に普及していますが、日本ではとにかく低くどう普及させるかが大きな問題。

    アメリカでは、スーパーのレジから貯金が引き出せるのは当たり前に行われています。

    日本は今でも現金で支払う習慣が強いため、小売店などは使われる可能性が低ければ導入するメリットがなく今後の普及次第といったところなんだと。

    機械を導入したにもかかわらず、使われないと小売店にとってはコストがかかるだけになってしまいますし。

    さらにこういったリスクも考えられると。
    加盟店はレジに多額の現金を入れておかなければならないので、防犯上のリスクが増すのは避けられない
    「デビットカード」のメリット増加で普及なるか?スーパーなどのレジがATM代わりに使える「キャッシュアウト(預金引き出し)」解禁の意味|おすすめクレジットカード比較|ザイ・オンライン

    お店に今まで以上に現金が多く置かれる事で、強盗などが増える可能性も危惧されています。

    そもそもデビットカードを導入する目的は現金からキャッシュレス化させることであるにもかかわらず、お店に多額の現金を置き、渡すというのは本末転倒じゃないかとの意見もあり本格的に普及するかはこれから次第と。

    楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
    Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

    月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


    関連記事

    [ 2016/02/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。