頭にカビが?頭のかゆみに悩んでいる人は今すぐチェック

パソコンやスマホ、その他興味のある事を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


関連記事

    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    頭にカビが?頭のかゆみに悩んでいる人は今すぐチェック

    頭は毎日洗っているのにかゆい。洗い足りない、洗い方が悪いだけでしょ、と思っていたらなんとカビが繁殖している可能性が。

    洗っているのにかゆい、頭に炎症を起こして湿疹がある場合、「頭皮湿疹」という病気かもしれないんですって。

    その原因の一つがカビ。このカビ、誰もが普通に持っているもので普段は無害なもの。しかし、体調の変化で皮脂や汗が増えると、それらをエサに急激に増殖してしまうそう。

    風呂上りに髪の毛が湿ったまま乾かさずに寝てしまうなど、一定時間放置することでも増殖。結構簡単に増えてしまう困ったカビです。

    増えてしまった後、そのうち減るだろうと放置すると恐ろしいリスクが現れてくることに。

    夏の暑い日、日差しや汗、皮脂が頭皮につまることでダメージを受けます。

    秋頃になると抜け毛となって表れる事も多く、さらに炎症がひどくなると、髪の毛を軽くつまんだだけで2~3本抜けてしまう恐ろしい事にも。

    かといって、1日に何度も髪を洗うのもよくありません。

    洗いすぎると必要な油分まで奪ってしまい、その結果、皮脂の過剰分泌が起こり菌の活動が活発化してしまい逆効果に。

    地肌のバランスも崩れますます最悪な状態に陥ってしまいます。


    頭皮をこれ以上傷つけず、確実に治すために試したいポイントを3つ紹介。

    1.シャンプー

    アミノ酸系シャンプーを選ぶ。

    フケやかゆみに効果があり、洗浄力もマイルドなので頭皮の刺激を最小限に抑えてくれます。

    かゆみが強い場合、抗菌剤配合シャンプーを使うのも効果的。

    メディカルシャンプーと呼ばれるもので、フケやかゆみの原因菌の増殖を抑える成分と、炎症を抑える成分配合したものです。

    泡立ちが良く頭皮を傷つけ無いように配慮されており、髪をなめらかにするコンディショニング成分も含まれていて髪を大切に扱いたい人にピッタリ。


    2.髪の洗い方

    2度洗いをする。

    まず、頭皮だけをもみ洗いして余分な皮脂を落とします。

    髪の毛を優しく洗うという風に2度に分けて洗うのも頭皮に優しくお勧めです。

    シャワーの温度に気をつける事も大切。

    熱すぎると頭皮を保護している油分まで洗い流してしまうことに。38℃程度の温度が頭皮に最適。

    洗い流す時にきちんと流せたと思ってもシャンプーが頭皮に残っている場合が多く、これがフケやかゆみの原因に。

    3分程時間を掛けゆっくりしっかりと洗い流すように心がける。


    3.食事

    ビタミンB2、B6をしっかり摂取する。

    ビタミンB2、B6には皮膚の代謝を改善してダメージの回復を早める働きがあり、頭皮の回復にも非常に重要。

    ビタミンB2は、豚や牛のレバー、焼きのり、干ししいたけなどに多く含まれています。

    ビタミンB6は、マグロ、カツオ、ニンニクなどに多く含まれています。


    食事だけで必要な量を摂取するのはなかなか難しく、サプリメントなどを利用するのも効果的。

    腸を健康に保つのも重要なことで、なんと腸は人間の免疫の7割をつかさどっているんです。

    食物繊維の多い食材を積極的に摂取することで、便秘にも効果があり、免疫機能を高めることにも大きな助けになります。
    楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
    Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

    月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


    関連記事

    [ 2015/08/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。