アイデアが生み出しやすくなる柔軟な頭を作る方法

パソコンやスマホ、その他興味のある事を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


関連記事

    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    アイデアが生み出しやすくなる柔軟な頭を作る方法

    小説を書きたい、仕事のプレゼンで説得力のある資料を作りたい。もっと頭を柔らかくしてバンバンアイデアを生み出したい。

    なりたいですね。全然なれてませんけど。

    そもそも頭が柔らかいってなんなのか

    物事に対して柔軟に対応できる思考を持っていて、人と同じものを見ても違った見方が出来ることですかね。違うからいいってわけでもないですけど。ただただよくないほうに違うって事もよくありますし。

    考え方が凝り固まっている人はストレスはたまりやすくなりがちで、柔軟な人はストレスはたまりにくいともいわれますね。
    柔軟に考えられる人は、自分の考えと違っても「そういう考え方もある」、と受け入れる思考が出来てるからなんですかね。

    すぐに変わるのは難しいですが、少しずつでも変えていくにはどうしたらいいか。


    1. 物事を楽しむ

    普段は見過ごしがちなちょっとした物事にも目を向けてみる事。興味を持って思考を働かせることで発想力が鍛えられ習慣的に行う事で、自然なものになっていきます。

    楽しみながら考える事で、自分を前向きに変えていくことにもなり見える世界が変わってきます。


    2. とにかく行動に移す

    頭で考えることも大切な事は間違いないですが、新しい体験を取り入れ経験する事で、考える際の強力な武器になり頭を柔らかくする効果を格段に引き上げてくれます。

    色々と行動してアイデアを試すことで、良し悪しを考え試行錯誤を繰り返すうちに思考がより磨かれていきます。


    3. 固定観念の排除

    自分の中で当たり前だ、と思っていることをあえていったん排除して物事を見てみるのも大切です。

    ほんとうに他のやり方はないか、色々な角度から見返してみることで新たな発見に繋がるかもしれません。


    4. 文章から図に変えてみる

    文章のままでなくそのイメージを具体的に図として視覚化することで頭が整理され、今まで気付かなかった部分に気づく事もあります。

    始める時だけでなくすでに失敗してしまった場合にも、図として視覚化し整理することで失敗した理由を具体的に理解する事につながり、これからのため前向きに活かせるようになります。
    楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
    Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

    月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


    関連記事

    [ 2015/07/31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。