スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


関連記事

    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    「アルミニウムバッテリー」でスマートフォンのフル充電が一分で可能に



    スタンフォード大学の研究チームが画期的なバッテリーの開発に成功したようです。

    http://taiwantoday.tw/ct.asp?xItem=229163&ctNode=1782

    従来のリチウムバッテリーよりも充電速度・耐久力・製造コスト・安全性に優れており、より早く・長く・安くの3つを備えた画期的なバッテリーになっています。

    現時点のアルミニウムバッテリーは、乾電池1本分の電気を蓄電できiPhoneで考えると約20%分になるそう。その20%をわずか1分で充電できるらしいです。爆速ですね。

    この電池には3つの画期的な技術があり、

    1 アルミニウムとグラファイトの最適な組み合わせ

    2 紙のように柔らかく折り曲げることが可能で量産が簡単な薄型の導電材料である

    3 安定、安全、耐久性に優れている

    この中でも特に安全性の高さに注目が集まっており、既存のリチウムイオンバッテリーは一気に電力を放電する大電流放電や過充電に弱いという特徴があり、それが原因で発熱し発火事故を起こす事も。

    それに対しアルミニウムバッテリーは耐性も高く温度が急上昇することはなく、通電中にぐにゃっと曲げても発火する危険性がありません。

    アルミ自体の調達コストも安く、実用化できればリチウムイオン電池や、アルカリ電池を代替できバッテリーの大幅な値下がりも期待できると。

    ただ現時点では電圧はリチウムイオン電池の約半分ほどで、許容量は乾電池1本程度になるようです。改良法としてカソードの素材を改良することで電圧とエネルギー密度を上げられると考えられています。

    バッテリーは結構いい値段するので期待したいです。
    楽天市場 ジャンル別タイムセール一覧
    Amazon タイムセール中商品一覧!食料品・飲料もKindleの無料購読も

    月々300円!Amazonプライムなら映画、アニメ、JPOP、独占配信作品など3000万を超える作品が見放題。Fireデバイス・Kindle利用でさらに快適に


    関連記事

    [ 2015/07/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。