周辺機器 - (jisakumc blog)

パソコンやスマホ、その他興味のある事を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空間にスケッチできるペンタブレット「Gravity」にビックリした


gravity1.jpg

gravity2.jpg

次元を超える。立体的なイメージを空間に描く次世代ペンタブ「Gravity」ギズモード

専用メガネを付けて専用ペンをパッド上で動かすと目の前の空間に描いてるように見えるペンタブレットです。

ロンドンの「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート」の学生4人で作り始めたものです。

リンク先の動画を見たけど、本当に飛び出してる感じが物凄い。なんとなくそう見えるじゃなく、はっきり浮かんで見えるのは凄いですね。

パッドについてるスティックやボタンを使って、回転や移動させたりも出来て、正面から描いてたものをずらして横から描いたり自由自在に出来るみたい。
スポンサーサイト

インテリアとしてもおしゃれ!スマートフォン対応の火災報知器「Nest Protect」

火災を感知しスマホやタブレットと連携して火元や状況などを教えてくれる「Nest Protect」を使ってみました GIGAZINE

スマートフォンと連携できる火災報知器です。

アラーム音だけでなく、音声を使う事で、いくつも取り付けていると見分けのつきにくかった従来のものと比べて、簡単に判別できるようになっています。

外出中でも、異常があるとメッセージを送ってくれるので、どこにいても即座に知る事が出来ます。

確かにおしゃれですね。ずっとつけて置くものなので、インテリアとしても考えられてるのがいい。

GIGAZINEさんが使用時の動画を公開してくれてます。

「Nest Protect」アラーム・テストの様子
https://www.youtube.com/watch?v=TPpyhOit2Uc&feature=youtu.be

3万5000円から3Dプリンタが買えるように


m3dprinter.jpg
m3dprinter1.jpg

家庭向け3Dプリンタ「The Micro」、199ドルでKickstarterに登場 ITmedia

米M3DがKickstarterで行っている3Dプリンタプロジェクトなんですが、送料込みでも3万5000円ほどで買えるようです。(299ドル+送料50~75ドル)

さらに安く199ドルと249ドルで買える枠もあったようですけど、もう売切れてしまってるみたいですね。

今、日本で買える3Dプリンタで一番安いのは「XYZプリンティングジャパン ダヴィンチ1.0」で\69,800なんかな?

性能のちがいは色々あるんでしょうけど、それでも半額ぐらいですね。

インテルの次世代PC操作技術「RealSense」の進化が凄い!続報


realsense.jpg

[GDC 2014]手指や顔認識は新型Kinect並み!? Intelが注力する「RealSense Technology」はここまで進化した 4Gamer.net

以前にもココで書いたんですが、

「RealSense Technology」とは、Intelが手がけている3Dセンサー技術で、人間の動きや表情を感知しPCを操作できるようにするというものです。

「RealSense 3D camera」と呼ばれる新型3Dカメラと、「RealSense SDK」で認識が大幅強化されました。

2013年の頃は片手の7点ほどしか認識してなかったのが、今回2014年になって、指や関節,骨の動きまでかなりこまかに認識できるようになりました。

凄いと思ったのは、顔の向き,顔の目や鼻、口といった特徴になるものを認識して表情まで判別できるようになった事。

ペンが受話器に?Bluetoothヘッドセット「LBT-PHS02MPSV」

通常はタッチペン、着信時には通話もできるペン型Bluetoothヘッドセット マイナビニュース

かかってくればサッと受話器に早代わり。というちょっと変わったヘッドセットが発売されます。

タッチペンの中にスピーカー、マイクが内蔵されており、ペンを耳に近づけるだけで通話か出来ます。

ハンズフリー通話が可能ということは、耳の上にひっ掛けてもしゃべれるという事なんでしょうか。

写真では持ってますけど。

4Kディスプレイがいきなり7万円切り!デル「P2815Q」発売

デル、7万円切りの28型“4K”ディスプレイ「P2815Q」発売 ITmedia

一気に下げてきましたね。6万9980円ですよ。この前10万円切りの出したと思ったら。

これは確かに弾みが着きそう。「4K」の。

「P2815Q」は28型ワイド液晶で、デルのミドルレンジの「プロフェッショナル」シリーズに位置づけられる。

TN液晶でリフレッシュレートは30Hzとスペックを抑える事で、上位機種の「UP3214Q」や「UP2414Q」と区別。

スマートフォンユーザーはケーブル1本でお手軽に!モバイルプロジェクター「PRJ-5」

MHLアダプタ内蔵だからケーブル1本でOK。サンワサプライ、スマホ向けモバイルプロジェクター「PRJ-5」 エルミタージュ秋葉原

光学エンジンは、TI社製のDLPを採用し、最高輝度85ルーメンでモバイルプロジェクターとしては最高レベルの画面を表示でき、解像度は854×480でスクリーンサイズ は10~60インチです。

本体にMHLアダプタを内蔵しているので、使っているスマートフォンがMHL対応であればケーブル1本で接続できるお手軽さ。

知ってる人も多々いると思いますが、「MHL」とは


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。